« フォルクリンゲン 世界遺産の製鉄所 | トップページ | 多国籍カフェ »

2006年2月10日 (金)

ユースチーム練習スタート

Jugend_002
<教え子のブーン(左)、クリストフ(中)、ユリアン(右)>

 年が明けてからだいぶ経つけど、昨日ようやくユースチームの練習が再開した。教えているのは、俺が所属しているReimsbach(ライムスバッハ)のユースチーム。
 ドイツのユースのカテゴリーは、2年ずつ順番にAからFまで分かれている。Jugend(ユーゲント)がユースという意味で、その前にアルファベットをつけて呼んでいる。Aユースは17・18歳でA-Jugend(アー・ユーゲント)で、俺が教えている13・14歳はC-Jugend(ツェー・ユーゲント)と呼ばれている。
 始まったばかりでまだ練習に来ていないやつもいたけど、来たやつらと「明けましておめでとう」を済ます。軽く基礎練習をした後、ゲームを長めにやってみんなで楽しんだ。まだまだ体に切れがないので、これからしっかりトレーニングしていかないといけない。

 子供たちのトレーニングの後には自分の練習試合が控えていた。相手は一つ下のリーグのLebach(レーバッハ)。ユースの練習後すぐに試合だったので、子供たちと一緒に練習して体を温めた。
 試合は一方的で、何点入ったのか覚えていない(たぶん10対0くらい)。おれはリベロをやっていたけど、攻めっぱなしだったのでほとんど出る幕無し。相手が弱かったから結果だけ見たらいいけど、内容はまだまだ全然だめ。単純なミスが多くて、チームでの動きが全くできていないし、一人一人がその場しのぎの動きだった。相手がもう少し強かったら何もできないと思う。そのことでイライラしていて、汚いファールをされて相手選手と喧嘩してしまった。審判や味方になだめられて仲直りしたけど、もっと自分もチームもコントロールしないといけない。まだまだ青いな。

|

« フォルクリンゲン 世界遺産の製鉄所 | トップページ | 多国籍カフェ »

1.FC Reimsbach (ライムスバッハ)」カテゴリの記事

Youth (サッカー育成年代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/663469

この記事へのトラックバック一覧です: ユースチーム練習スタート:

« フォルクリンゲン 世界遺産の製鉄所 | トップページ | 多国籍カフェ »