« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の9件の記事

2005年11月30日 (水)

引越し

Thumb_1133392230
<そうそうたる面子が並ぶフィギュアコーナー>

 急なことで、引越しすることになった。3日前にその旨を伝えられたけど、引越し先の鍵がなかなか手に入らず、今日やっと着手することになった。
 荷物はそんなにないので、夕方から始めてほぼ8割がた完了。明日、細かいところまでやる予定。

 今回、日本に帰ったときに、新たにモリクンや裕子さんにもらった物をドイツに持ってきた。配置を決めつつ、棚の一段を使って並べてみた。左側にキン肉マンコーナー、右に北斗の拳、手前にアクセサリー。ちなみに、昔買った大きめのラオウはまだ日本に滞在中。

Thumb_1133394305
<モリクンの阿修羅マン(左)と裕子さんのミスターVTR(右)>

 まさか、裕子さん(パン教室の先生、前の記事に載ってます)からミスターVTRをもらうとは思わなかった。つーか、「ミスターVTR」って言う言葉を久々に口にした。
 モリクンからもらった阿修羅マンは、笑い、冷血、怒りの三面をクルクル回転できる優れもの。今は怒ってる。

ここで問題。次の中で、フィギュアコーナーに1人(一つ)だけいないのは誰(何)?

問1 ラーメンマン、テリーマン、ソーメンマン(ラーメンマンの親父)
問2 ユリア、レイ、塩沢トキ、シン
問3 正義超人、悪魔超人、ロボ超人、パーフェクト超人、
問4 スクリュードライバー、ハリケーンミキサー、ロングホーントレイン、阿修羅バスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

ワイン教室 in 恵比寿

Thumb_1133212836
<ワイン教室の様子>

 ドイツに発つ前、東京のタッグパートナーのモリクン(ムシャ、トシアキ)のところでまたまた世話になった。そして、彼のボス・陽子さんのアトリエでのワイン教室に参加させてもらった。

 俺も普段ワインを飲むけど、名前なんか言われてもよくわからない、豆知識みたいのを読んだり聞いたりするのは好きだけど。島耕作のフランスへの出張編で、ワインのことをやっていたのを覚えている。
 教室ではいつも陽子さんの料理に合うワインのメニューが選ばれているらしい。この日は陽子さんのイタリアンに対して、ソムリエの石戸谷さんが選んだイタリアと日本のワインが用意された。
 食事をしながら、石戸谷さんの解説付きで、シャンパン、白、赤といろいろ味わった。

Thumb_1133214654
<裕子さんの自家製フォカッチャ>

 陽子さんの料理のほかに、アトリエのパン教室の先生の裕子さんの自家製フォカッチャも登場した。前回はアンパンを作ってくれた。

Thumb_1133214909
<裕子先生と自家製フォカッチャでございます>

 こんな具合に、恵比寿のAtelier Foyer(アトリエ フォワイエ)では、料理教室(陽子さん)、ワイン教室(石戸谷さん)、パン教室(裕子さん)、企画部長(モリクン)などなどいろいろやっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

ザールブリュッケン着

Thumb_1132946872
<出発前空港にて、タッグパートナーのモリクンと>

 日本からザールブリュッケンに再び戻るということで、出発の2日前に静岡から東京に向かった。東京ではタッグパートナーのモリクン(もっさん、もり、さき)のところでまたまた世話になった。モリクンのボスの陽子さんのアトリエで開かれたワイン教室にも参加させてもらった。

 東京滞在中には、いろいろな作戦会議をし、昔のドイツ仲間何人かで集まることもできた。2年ぶり以上に会うやつもいたけど、昔の事やこれからの事を話して、久しぶりにみんなで騒ぐことができた。近いうちにまた会うだろうし、一緒に何か作戦を実行できれば良いということで一致した。

 出発当日はモリクンが空港まで送ってくれた。レストランで話していたら出発時間ぎりぎりになってしまったけど、出発ゲートの前で得意の記念撮影をしてフランクフルトに向かった。

Thumb_1132948949
<今朝のシュンさんちの前の様子>

 フランクフルトが近づいてくると、「小雪が舞っている」という現地情報がアナウンスされた。ドイツで今年初めての本格的な雪らしかったけど、短時間で結構な量が降りやがった。東京を出るときは空も晴れていてTシャツにジャケット一枚だったので、この気候ではなかなか寒かった。
 天気はこんな雪だったけど、フランクフルト空港にはドイツでいつも世話になっているシュンさんが迎えに来てくれた。到着した日はシュンさんのところに泊めてもらい、今日の昼前にシュンさんとともにザールブリュッケンたどり着いた。
 到着後は、監督のウドを含めた大勢で昼飯を食べに出かけた。イタリアンをみんなでたらふく食べたあと解散して、シュンさんも遠い道のりを車で帰っていった。

 Reimsbachは明日、アウェイで大事な試合があるので、俺は体をほぐすために今日は軽くランニングした。道の脇には雪がまだ残っていて寒かったが、ロッキー4のドラゴ戦前の雪山でのトレーニング風景を連想しながら走ることができた。
 そして、明日は特別に試合前の午前中に練習がある。軽く体を動かして、みんなで昼食をとって、士気を高めてから試合に望むことになっている。ロッキー4の敵地でのドラゴ戦のようにいい結果につながればいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

行政マンの条件 -志と技術を高める-

Thumb_1132290902
<11月18日発売・行政マンの条件 石川善朗 著>

 先日、霞ヶ関へ行く機会があった。人事院にて、写真の本「行政マンの条件」の著者・石川さんに会い、いろいろとお話を聞くことができた。

 本の内容は、すでに行政マンの人達やこれから公務員を目指す人達へ向けたものであるけど、石川さんの自らの体験を織り交ぜてあるので、いろいろな分野の人達が読んでも応用の聞く内容であると思った。そして、パリ在住時の経験などをからめ、国内からだけでなく国外からの視点でも書かれているので、日本と海外の違い・ズレを認識できると思った。

Thumb_1132292462
<石川さんと人事院前にて>

 本のサブタイトルにもなっている「志と技術」は、本の中だけでなく実際に石川さんとの会話の中でもよく出てきた。特に、志については熱く語られていた。
 実際に行動するための技術(スキル)も必要であるけど、根っこの部分である志がしっかりしていないといけない。そうしないと、自分の方向性が分からなくなって不祥事を招いてしまうと。そして、自分のためだけでなくより大きな志を持っていれば、自然とスキルは身についていくということだった。

詳しくは本の中で。
「行政マンの条件 -志と技術を高めるー」
石川善朗著、時事通信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

料理教室体験 in 恵比寿

Thumb_1132021429
<エプロン姿で、料理教室の先生・陽子さんと>

 ドイツ時代からの相棒モリクンのボス・陽子さんの料理教室に参加した。Y's Kitchenという名前で恵比寿で開かれているこの教室では、初心者の俺でも楽しく、ちょっと上手になった気分で料理することができた。
 ここAtelier Foyer(アトリエ フォワイエ)では、料理教室(Y's Kitchen)だけでなく、パン教室、ワイン教室、ジュエリー教室なども開かれている。恵比寿の駅から徒歩3分、これは行くしかない!

Atelier Foyer
http://www.atelier-foyer.com/

Thumb_1132022596
<楽しい料理教室の一場面>

 俺は、ドイツでも週に数回は自炊をしている。ちなみに、得意はカレーとボロネーゼ。その他は、毎回同じような食材を同じような方法で調理している(切って、味付けして、焼く)。
 「食べるのも練習だ」という事が、長年の生活の中で染み付いているので、普段の練習のように同じメニューでも気にならない。自分用に料理する時は、いつも栄養補給の意味合いが強かった。(そんな、ヘンな物を食べてるわけではない)
 そんな俺でも、Y's Kitchenでは楽しく簡単に、しかも、おしゃれな料理を作ることができる。これも、パリで磨かれた陽子さんの腕とセンスだと思った。

Thumb_1132024257
<この日のメニュー・完成品>

ガーリックトースト
クレソンとブロッコリーのサラダ
鶏肉のトマト煮
マロンケーキ

短時間でこんな感じのコースができてしまう。これは作るしかない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

2000万パワーズ in 霞ヶ関

Thumb_1131881496
<警備の目を気にしながら、モリクンと国会前にて>

 ドイツ、チェコ時代からの相棒・モリクン(モリチャン、リーもー、夢がモリモリ)のボスの陽子さんの計らいで、霞ヶ関へと行くことができた。昼頃、人事院でのアポだったけど、「行く機会なんてめったにないから」ということで、モリクンと共に周辺を散策した。

 といっても、見学しているのはほとんどが黄色い帽子をかぶった小学生の団体だった。俺も小学生の頃、国会議事堂を見学した覚えがある。小学生の団体とのすれ違いざまに俺達の写真を撮られた。
 その後、「知り合いのドイツ人に日本を紹介する」という名目で国会前で記念撮影をした。国会前の交差点周辺では、警察官の警備の目が光っていた。

 無事見学を終え、昼頃、人事院へ。ここには陽子さんの旦那さんがいらっしゃる。昼の時間を割いていただき、いろいろとお話を聞くことができた。そして、近々出版される本までいただくことができた。もちろんサイン入りで。
 更に、翌日、地元・静岡で行われた出版記念の集まりにも招いていただいた。これから、もっともっと勉強して実力をつけます。

 午後には、ドイツで一緒にサッカーをした仲間(ニク、フミ)と集まった。みんなそれぞれ頑張っているようで、今後一緒に何かできればいいと思っている。

 夜は、陽子さんのアトリエにて食事会。料理の先生でもある陽子さんがじきじきに作ってくれた。パンの先生であるユウコさんもパンを焼いてくれた。ご馳走様です。そして、企画部長でもあるモリクンが、この会を大いに盛り上げた、と思う。

 陽子さんのアトリエ、陽子さんの旦那さんの本は後々紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

2000万パワーズ再開 in 東京

Thumb_1131452499
<相棒のモリクンと品川駅にて>

 ザールブリュッケンを出てから約18時間、やっと成田に到着。税関を抜けた所で、相棒のモリクンが迎えに来ていてくれた。モリクンとはこの前パリで会った以来。そのまま車で品川へ。最終の新幹線の時間までレストラン・カフェでいろいろと話をした。

 出発の前日からすでに時計を日本時間に合わせて行動しておいたので、いつもより時差ボケはましだった。けど、スーツケースによる筋トレで腕・背筋がやや疲れ気味だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

Mettlach戦、そして日本へ

Thumb_1131191508
<試合後、スティーヴンとジェシカ>

 昨日(金曜)は、アウェイで雨の中、Mettlach(メットラッハ)との試合だった。メットラッハは若手中心のチームだけど現在3位と好調。一方、俺たちReimsbach(ライムズバッハ)は3連敗で13位まで落ちてしまった。

 この試合は地域ダービーということもあって、観客はいつもより多かった。両チームの選手も気合いが入っていた。
 序盤、お互いいいチャンスがあったが、得点には結びつかなかった。最近のライムズバッハだったらこの時間帯に簡単に失点していたけど今日はなんとか防いでいた。が、右サイドを何度か攻められ、そこからゴール前でのフリーキックを相手に与えてしまった。壁に6・7人の選手を使ってゴールの右サイド半分を完全に切ったけど、左側の狭いキーパーサイドにあっさり決められてしまった。その後、ビッグチャンスがあったけど、キャプテンのMarcoはこれをモノにできず。敵のキーパーに止められてしまった。

 後半、キーパーのChristianが中途半端なトラップを相手フォワードにかっさらわれて2点目を献上してしまった。これで、完全に相手ムードになってしまった。その後、PKを決められ0-3。更に、前掛りになったところをカウンターで攻められ0-4。1点でも取ろうとみんながんばってはいたいたけど、結局0-4で完敗。

 4点差で負けたのは今シーズン初めて。そして、4連敗も初めて。今日と明日の他チームの結果次第では、順位は降格圏内ギリギリまで下がると思う。しかも、来週は降格圏内のチームと直接対決。俺はこれから日本に2週間ほど飛ぶのでこの試合に出れない。その次の週のカップ戦も出れない。Schade.
 帰り際にみんなと挨拶して、来週は3ポイント取って、とお願いしてきた。そんで、カップ戦も勝ち残っていてもらいたい。
 ではまた、3週間後の試合で。さよなら、さよなら、さよなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

サンタ来襲

Thumb_1131115623
<身長150cmくらいの踊って歌うサンタクロース>

 最近、街にクリスマス商品が並ぶようになってきた。広場や街にはまだクリスマスマーケットは出ていないけど、デパートにはクリスマスコーナーが設けられている。ザールブリュッケンは小さいけど、もう少しすればもっとクリスマスモードに突入していく。

Thumb_1131116771_2
<デパートのクリスマスコーナー>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »