« 武士道を読んで 微笑み編 | トップページ | サンタ来襲 »

2005年10月29日 (土)

武士道を読んで 侍のイメージ編

 1年半くらい前、俺がまだチェコにいた頃、CMとポスターに出ることになった。しかも、ピンで。ちょうどユーロ2004(サッカー・ヨーロッパ選手権)が開催されて、そのためのCMだった。このCMは、東欧10カ国で流れていたらしい(大会中はドイツにいたのでCMをライブで見てない)。

 撮影は半日ずつかけて2日で終わったけど、その前に2週間くらいかけて、剣道とワイヤーアクションの練習をさせられた。剣道では手の皮がむけまくり、ワイヤーアクションではワイヤーに吊るされまくって腰がすりむけた。面白かったけど。
 設定では侍だったが、侍なのか忍者なのかよくわからない格好をした。メイクもしたけどこれが気持ち悪く、しかも、モデルにしたのが歌舞伎だった。撮影のカットはどうやら「Kill Bill」からパクっているような気がした。

こんな感じ。→CMが貼り付けてあるページ

 侍に関する映画をいろいろ見ていると思われるCM撮影の監督(チェコ人)でも、忍者?侍?みたいな感じになっている。逆に、海外で流れているバッタもんの侍を見すぎて、イメージがごちゃ混ぜになってるのかもしれない。
 とにかく日本的な絵を撮りたかったらしく、撮影には盆栽や寿司までわざわざ用意された。この寿司は撮影前にこっそりつまみ食いしたけど。

 日本的なものへの外国人の偏見や勘違いはいろいろあるけど、海外でみられる侍は、「なんとなくこんな感じだろ?」というノリで作ったと思うようなものが多い。しかも、日本なのか中国なのか韓国なのか。それはそれで面白いときもあるけど。
 実際に「ジャッキーチェンは日本人なのか?」とけっこう多くの外国人に質問された。(ジャッキーの映画はドイツでよく流れてる、サモハンも。ドイツ人は、ジャッキー・シャンって呼んでるけど)
 そして、「違う」と言っても、「でも、ブルース・リーとジェット・リーは日本人だろ?」と突っ込んでくる。中国と韓国と日本では、一緒の言葉を話していると思っているやつもいる。

 こんな勘違いもあるけど、ヨーロッパにも侍に似た騎士がいた。「武士道」の中では、武士(侍)に対して何度か騎士を引き合いに出していた。でも、武士と騎士の響きは全く違う。それは、武士は宗教の大きな影響よりも、成文法ではない道徳的な掟「武士道」によって、全く独自の形をしているから、だと。

 そんな武士道もその制度は滅びているし侍もいない。今から約100年前、「武士道」の中で、「武士道はすでに滅びつつあるが、完全には消え去りはしない」と書かれていた。「鳥のくちばしや、魚のヒレがすぐに無くならないように、武士道の700年の蓄積されたエネルギーは急には止まらない」とも。
 映画などにも取り上げられて、ファッションとしての影響もあるけど、「最も進んだ思想を持つ日本人であっても、一皮むけばそこに侍が現れる」と新渡戸氏は言っている。多かれ少なかれ、武士道精神・侍魂がどこかで伝わっている。

|

« 武士道を読んで 微笑み編 | トップページ | サンタ来襲 »

German Life (ドイツの出来事)」カテゴリの記事

Hobbies (本、映画、音楽、名言など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/25887561

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道を読んで 侍のイメージ編:

« 武士道を読んで 微笑み編 | トップページ | サンタ来襲 »