« ライムズの祭り終了 | トップページ | バウムクーヘンを食らう »

2005年5月29日 (日)

狩人を狩る

Thumb_1117236213
<試合後、負傷したKleinerとソーセージを食べる>
 
 昨日も一人の日本人が日本に帰国した。午前中の便だったので、朝早くザールブリュッケンを出てフランクフルト空港で見送りした。4年間いたドイツを後にした。こまっちゃんよ、永遠(とわ)に!

 この日は、フランクフルト市内の掲示板に33度と出ていた。急に暑くなった。日向に出ているととても暑い。祝日だったがフランクフルトの街には人がそこそこ出ていた。

 ザールブリュッケンに戻り、軍隊の選抜チームとのフレンドリーマッチに出かけた。チーム名はRote Jaeger(ローテイェガー=赤い狩人)。ユニフォームも赤かった。
 前半は、Marcoのゴールで先制し1対0で折り返した。後半に入り、俺もミドルシュートで1点を取り、Torjaeger(トアイェガー=ゴールゲッター)になることができた。その後、敵のごついTorjaegerに1点取られたが、追加点を奪い、5対1で赤い狩人を狩ることができた。

 グランドの外では、観客が狩られていた。俺の連れのKleiner(クライナー)は、この日観客として試合を観に来ていた。試合前に観客席のほうにボールが飛んできて、そのボールを取りに行こうとしたところ、滑ってころんで手をすりむいた。それだけならよかったが、もう一度ボールを取りに行った時また滑り、今度は手のひらを深く切り血まみれになった。包帯で応急処置をしてもらったが、このKleinerがこの日会場で一番ひどく狩られることになった。(早く治せ!)

|

« ライムズの祭り終了 | トップページ | バウムクーヘンを食らう »

1.FC Reimsbach (ライムスバッハ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/27149439

この記事へのトラックバック一覧です: 狩人を狩る:

« ライムズの祭り終了 | トップページ | バウムクーヘンを食らう »