« ケバブを食らう | トップページ | カイザースラウテルンにぶらり »

2005年4月 2日 (土)

ザールラントツアー

Thumb_1112441654
<1.FC Kaisersleutern 記者会見席にて>

 この3日間、Saarland視察ツアーに同行した。主な目的は、Saarlandとその周辺の環境が、日本から遠征に来るサッカーチームに適していることを日本のサッカー関係者にアピールすること。短い間だったがいろいろな面を体験してもらうことができたと思う。

 昨日は、ブンデスリーガ1部のサッカーチーム 1.FC Kaiserslautern のホームスタジアム内を見て回った。このスタジアムには何回か試合を観に行った事もあるが、この日は2006年のワールドカップのためにスタジアムの一部(観客席)を増築中だった。
 スタジアム内をぐるっと見て、その後記者会見場でFCK(チーム名の略称)の関係者と少し話しあった。話をしているとチームの会長自らが顔を出し挨拶をしてくれた。この会長はスイス人の実業家で、名前はJaggi(イェギ)さん。ここに来る前は、スイスの強豪Basel(バーゼル)の会長だった。日本に昔いたことがあり、柔道4段で結構うまい日本語を話す。この会長のおかげで、監督と会ったり普段入れないところまで行ったりすることができた。

 よくドイツのチーム名には数字が入っている。頭についている 1.FC とか、最後についている 04 とか。
 1は、その街で初めてできたチームを表す。1.FC Kaiserslautern は、Kaiserslautern で最初にできたサッカーチームということ。ちなみに、結成した年は1901年。百年以上の歴史がある。チームマスコットは、Roter Teufel(ロータートイフェル)・赤い悪魔。チームカラーも赤。
 Schalke 04 や Mainz 05 は、それぞれ1904年と1905年の数字をつけている。

 この他にツアーの中で、Baunshausen(ブラオンスハオゼン),Saarbrucken,ビールの街・Bitburg(ビットゥブルク)のそれぞれのSportschule(シュポルトゥシューレ)を見て回った。SaarbruckenのSportschuleは毎日使用している。
 Sportschuleは直訳したら体育学校。ドイツの各地域に数十ヶ所あり、オリンピック選手のトレーニングから、選抜チームや海外チームの練習や合宿など、サッカー以外にも総合的に運営されている。SaarbruckenのSportschuleでは、陸上、カヌー、レスリング、バドミントンなどのオリンピック選手がよく練習している。

 ということで、サッカーの文化がまず違いすぎる。日本の設備も近代的ですばらしいが、まだまだソフト面で追いついていない。昔に比べれば全然いいし、これからももっと良くなっていくとは思うけど。
 

|

« ケバブを食らう | トップページ | カイザースラウテルンにぶらり »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/27150799

この記事へのトラックバック一覧です: ザールラントツアー:

« ケバブを食らう | トップページ | カイザースラウテルンにぶらり »