« ビッグイーズィーで浮かれる | トップページ | 茶などを飲む »

2005年4月25日 (月)

双子の見分け方

Thumb_1114366173
<双子のMichael・Thomasと>

 昨日はアウェイで、F.C. Kutzhof との対戦だった。Kutzhof(クッツホフ)はアマチュアのチームだけど、金をかけて選手を集めてチームの強化をしている。元プロの選手もいて、毎年優勝候補の一つに挙げられているチームだけどなかなか優勝できない。

 ミーティング前に監督に呼ばれてシステムをどうするか話し合った。相手の2トップが強くて、リベロを置いてもどっちみちピンチが増えるということで、双子の弟Thomasの代わりにオレがストッパーにはいって4バックでやることになった。普段Reimsbachは、リベロを入れた3-5-2のシステムで試合をするが、昨日は4-4-2のシステムでいった。多少リスクは増えるけど、4バックにして1対1で負けなければ、こちらの攻めるチャンスも増える。なんでもそうだけど、ある程度の結果を望むならある程度のリスクをかけなければならない。

 前半はチームがうまく機能して、攻めるチャンスを結構作ることができた。ただ、チャンスをものにできず0対0で前半を折り返した。
 後半は、10番のUli(ウリ)のきれいなミドルシュートで先制した。その後、敵の選手が2枚目のイエローカードで退場して11人対10人の数的有利な状況になった。しかし、その後すぐにつまらないファールで味方の選手も2枚目のイエローカードをもらって退場し、10人対10人の状況になってしまった。
 次第に試合の流れが変わって攻められはじめ、結局逆転されて1対2で負けた。

 システムを変えて新しい選手を起用してみたが、今後も試す価値はあると思う。ただ、今はシーズン中で限られた時間しかないので、選手1人1人がそのことをしっかり意識していかなければいけない。
 
 そして、今日は2軍の試合を観にいった。相手は16位のチーム、ホームなので絶対勝たなければいけない。序盤はあまりよくない展開だったが、最後は3対0で勝利して優勝争いにまだ残っている。

 双子の兄貴Michaelは1軍で出たが、弟のThomasはこの試合に出た。さらに双子の兄貴(3人兄弟の一番上)のMarcusもでていた。兄貴・Marcusと双子はしっかり見分けがつくが、双子のMichaelとThomasはかなり似ている。
 見分け方は、髪型と眉毛。髪がもさっとして眉毛が濃いほうが兄貴のMichael。髪が短くて眉毛がきりっとしているのが弟のThomas。近くにいれば間違えることはないけど、遠くにいると今でもたまに間違える。兄弟のポジションが違うので、試合中はあまり間違えない。間違えたらあやまる。

|

« ビッグイーズィーで浮かれる | トップページ | 茶などを飲む »

1.FC Reimsbach (ライムスバッハ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/27150351

この記事へのトラックバック一覧です: 双子の見分け方:

« ビッグイーズィーで浮かれる | トップページ | 茶などを飲む »