« ドイツに舞い戻る | トップページ | ドイツと日本のサッカーリーグの仕組みの違い »

2005年3月17日 (木)

ドイツ・チェコと日本のサッカー選手の違い

1111071561
<世話になっているトレーニングジムのオーナー・マリオ>

 昨日は筋トレの日。アウトバーンで30分かけて、毎週通っているジムにいった。今はシーズン中で、試合に疲れが残ってしまうので基本的に週一回だけ行く。(オフシーズン中は週2・3回)サッカー選手には必要以上の筋肉は逆効果になってしまうので、体幹を中心にバランスや柔軟性を失わないように鍛えていく。実践で使える筋肉をつけていく。

 たくさんのドイツ人やチェコ人のサッカー選手と一緒にプレーしてきたが、基本的に日本人より体格に恵まれている。身長や体重、手足の長さ、骨格や姿勢などフィジカル面での違い。メンタル面では、遊びのゲームでも必死でやる負けず嫌いなところや、自分の国のサッカーに対して誇りを持っていること。
 でも、一緒に筋トレをしてみるとほとんどの選手がそんなに重いものを持ち上げられない。(ある程度の重さはできるけど)しかも、食事等にもあまり気を使っていない。もともとの骨格や筋肉のつき方が日本人とは違うので、トレーニングをしなくてもある程度の体の状態を維持している。このへんは仕方ないが、とにかく日本人はトレーニングによってある程度鍛えられないと苦労すると思う。(その差を埋めることができる武器を持っていればいいけど)

 でも、日本人選手にもドイツ人やチェコ人と比べて優れている部分はある。コーディネーションや足元の器用さ、イマジネーション、真面目さ。これらのいい部分をうまく出しながら、ヨーロッパのサッカーに慣れていけば、いい評価をされるかもしれない。逆に意識しすぎて、見かけだけで状況に適さないテクニックに走ったり、必要以上に深く真剣に考えすぎたりすることは悪循環を作るだけになってしまう。常に心に余裕を持って、精神的にも身体的にもバランスを心がけるようにしたい。とにかく、サッカーの種類が違うので、うまく対応しないといけない。

|

« ドイツに舞い戻る | トップページ | ドイツと日本のサッカーリーグの仕組みの違い »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

International Football (世界のサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/27151389

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・チェコと日本のサッカー選手の違い:

« ドイツに舞い戻る | トップページ | ドイツと日本のサッカーリーグの仕組みの違い »