カテゴリー「1.FC Reimsbach (ライムスバッハ)」の52件の記事

2015年3月23日 (月)

全国高専選抜ドイツ遠征2015 ③

ブンデスリーガ2014/15シーズン26節。
マインツ対ヴォルフスブルクを観戦にマインツへ。

Img_1174

ヴォルフルブルクは今シーズンさらに選手補強して2位と好調。

Img_1194

マインツ 1-1 ヴォルフスブルク

両ゴールともコーナーキックから。マインツの方が決定機を作りながら決めきれず。ヴォルフスブルクはまったくパッとしない内容ながら引き分けに持ち込んだ。

Img_1228

翌日、ザールラント技術経済大学を訪問。ランバート教授がチームのために、コミュニケーションのプレゼンをしてくれた。

Img_1236

研究室をいくつか見学。

Img_1237

ケルンからドイツサッカー協会のベルントが駆けつけてくれ、トレーニングを行った。

Img_1239

夜は宿泊先のクラブチーム・1FCライムスバッハとフレンドリーマッチ。

全国高専選抜 4-3 1.FCライムスバッハ

相手のカウンターから失点するも、最後の試合で勝利。

Img_1248

Danke für alles! Bis zum nächsten Mal!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

全国高専選抜ドイツ遠征2015 ①

3年に一度行われる全国高専選抜のドイツ遠征。選手たちは大阪で初顔合わせして練習後、関西国際空港からフランクフルトへ。

1

ドイツ到着後の翌日、ドイツとルクセンブルクの国境沿いにあるインターナショナルスクールを訪問。

Img_1060

生徒たちの自主性を重んじる学校。校長自らが案内してくれた。

Img_1066

ザールの湾曲を経由してキャンプ地のライムスバッハへ。

Img_1073

夜はザールラント州1部のSG Perl-Besch(パール・ベシュ)とフレンドリーマッチ。相手は効率の良い攻撃と決定力が目立った。

Img_1081

全国高専選抜 1-3 SGパール・ベシュ

Img_1086

Img_1087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

東北の高校サッカー部のドイツ遠征④

東北の高校サッカー部のドイツ遠征5日目。
ドイツサッカー協会の先生ベルントがわざわざ来てくれて、宿泊先のクラブ、ライムスバッハの選手たちと合同練習。

Cid_ce1992821e9b4ab29ddca6fd5e65a4d

その後、生徒たちはドイツの家庭にホームステイに。

Foto5

6日目はマインツ対ブレーメンのブンデスリーガの試合を観戦。キックオフして20秒くらいでマインツが先制。

Img_1514

降格しそうなブレーメンはなんとか同点に追いついた。近くに座っていたブレーメンファンのおっさんがめちゃくちゃうるさかった。

Img_1523

DHと。

Img_1525

ドイツ最終日は、ライムスバッハのU-17と30分x3本のフレンドリーマッチ。1、2本目は
主審を務め、3本目はライムスバッハでプレー。2-2の同点。

Img_1508

いつものメンバーと。

Dsc_0173

韓国を経由して仙台空港に到着。お疲れ様でした。次の大会がんばってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

東北の高校サッカー部のドイツ遠征③

東北の高校サッカー部のドイツ遠征4日目。この日は休養日ということで、まずはドイツ、ルクセンブルク、フランスの国境沿いにあるインターナショナル学校Schengen-Lyzeumを訪問。

Img_1486

ドイツ人、ルクセンブルク人、フランス人の学生が通っている。教室や音楽室、家庭科室、理科室などを案内してもらった。

Img_1485

学校の服装の基準。帽子など頭を覆うものは禁止。Tシャツなどのプリントの文字(人種差別、暴力など)にも制限。ヘソ出しルック禁止。ズボンやスカートは最低でも膝くらいの長さまでなど。日本に比べたら規定が少なすぎると思うけど、ドイツ人の友達にこれを見せたら、こんなのは個人の自由だからくだらないと言っていた。

Img_1487

学校見学を終えて、ルクセンブルクへ。

Img_1489

ルクセンブルク市内をぶらついたあと、ドイツ最古の街Trier(トリーア)へ。

Img_1499

ローマ時代の建築物ポルタ・ニグラ(黒い門)。

Img_1491

カフェタイム。

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

東北の高校サッカー部のドイツ遠征②

3日目の朝はトレーニング。

Img_1460

宿泊も食事もクラブ施設内のクラブハウスで。天然芝、人工芝、ミニサッカーコートがある。

Img_1463

昼食後、200年前の鉱山跡に潜入。

Img_1471

隊長が鉱山跡を案内してくれた。隊長もかれこれ200年ここを守り続けているとかいないとか。

Img_1453

試合前にコーヒータイム。

Img_1477

宿泊している1.FCライムスバッハのU-19とフレンドリーマッチ。

Img_1479_2

その後、クラブハウスで歓迎会。地元のスペシャルワインをもらった。ダンケ。

続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

東北の高校サッカー部のドイツ遠征①

ドイツの財団やサッカークラブなどがサポートする東北の高校サッカー部のドイツ遠征に同行させてもらった。

Fraudo
<空港に出迎えてくれたドイツの師匠ウドと>

仙台空港から韓国を経てフランクフルトに到着。

Img_1442
<宿泊先クラブのグランドで練習>

到着して次の日の午前は、宿泊先のクラブ1.FCライムスバッハのグランドで練習を担当させてもらった。攻撃面で個人やグループ戦術の練習をした。

Img_1443

練習後はクラブハウスで食事。

Img_1445

その後、ライムスバッハのスポンサーも務めるスポーツ店でショッピング。

Img_1452

チーム全員のサインをボールに書いてくれと頼まれプレゼント。

Img_1456

夜は地元のメルツィヒU-19とフレンドリーマッチ。30分x3本行い、前後半は1-0で内容的にも勝利。3本目は0-4で敗北。

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

全国高等専門学校サッカー選抜ドイツ遠征 6~8日目

高専全国選抜ドイツ遠征の終盤。
予定されていた3試合をすべて終えたということで、この日の午前中はみんなでゲーム大会。午後からは観光。

Saarschleife

まずはザール川の湾曲(ザールシュライフェ)が見える高台に。

Img_0629

師匠のウドとバスドライバーのヴァルターと。移動中はヴァルターの観光うんちくやジョークの聞き役に。

Img_0632

そのまま国境を越えてルクセンブルクへ。カフェでばか高い10ユーロのケーキを頼んだら、ウエイターが運ぶのを忘れていてタダにしてくれた。

Img_0635

ルクセンブルクの旧市街でプレゼント用に購入したウサギ。

Img_0643

翌日はまずハイデルベルクを観光。

Img_0640

ウドとマリウスとハイデルブルク城にて。その後、マインツへブンデスリーガ観戦に。

Img_0648
<試合前のマインツファン>

古いスタジアムでは試合をしたことがあるけど、競り合いで前歯が折れたし試合にも負けた。新しくなったスタジアムは始めて訪れる。

Img_0653

マインツ05とヘルタ・ベルリンの試合。どちらも順位は半分より下。前半はどちらもリスクを冒さず堅い内容の試合。特にマインツの前線はまったく動きがなく機能せず。

Mainz
<みんなノリノリで観戦、サッカーは楽しい>

結局、アウェイのベルリンが3-1で勝利。

Img_0657

試合終了後、昔のチームメイトのアグロンにたまたま遭遇。昔、フランクフルトのスタジアムでたまたま遭遇したことがある。だいぶ太ったな。

Img_0662
<クラブハウスで双子のトビアスとナタリーと>

10年前はちっちゃかったトビアスとナタリーも今では高校生。彼らもいろいろと手伝ってくれた。翌日、お世話になったライムズバッハを出発。フランクフルト空港からドバイで乗り換えて関空に到着。さらに羽田空港へ移動。約30時間の長旅の末、翌日に帰宅。皆さん、お疲れ様でした。

Vielen Dank und bis nächstes Mal!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

全国高等専門学校サッカー選抜ドイツ遠征 5日目

高専全国選抜サッカーチームのドイツ遠征5日目。

午前中はトレーニング。今回はチームの守備とその後の判断についての練習をやらせてもらった。

Img_0611

午後は滞在先の1.FCライムズバッハU-21とフレンドリーマッチ。

Img_0612

ドイツ遠征1試合目は0-2、2試合目は1-4。初得点は達成したので、初勝利も達成したいところ。

Img_0617

選手たちのコンディションやチームの連携もずいぶんよくなり、前半に先制点。しかし、終了間際にPKを与え同点で前半を折り返した。

レベル的には1・2試合目の相手より劣るライムズバッハだったけど、後半に逆転ゴールを許し少し悪いムードに。しかし、最後まであきらめず3点を追加。4-2で逆転勝利し、ドイツ遠征初勝利を飾ることができた。

Img_0620
<ドイツ時代の教え子たちと>

全国高専選抜 4-2 1.FCライムズバッハ

Img_0622

選手たちから、クラブハウスでお世話になっている現地の人たちにワインのプレゼント。

Img_0624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

全国高等専門学校サッカー選抜ドイツ遠征 4日目

高専全国選抜サッカーチームのドイツ遠征4日目。

午前中は、滞在先1.FCライムズバッハ監督のウドにトレーニングを見てもらった。ドイツS級ラインセンスをもち、俺のドイツでの師匠でもある。前日に試合もあったので、ウォーミングアップのあと2対1の基本的な考え方を勉強して軽く汗を流した。

Img_0571

昼食後、世界遺産に登録されているフォルクリンゲンの製鉄所跡(Völklinger Hütte)を見学しにいった。

Img_0573

1883年に操業開始し1986年に停止。約100年間動いていた重要な産業遺産。現在は広い工場跡を自由に移動でき、さまざまな分野の展示会も行われている。

Img_0579

工場内パトロール。特に異常なし。

Img_0582

今回は2回目の訪問。前回の訪問 → ここ

Img_0583

フォルクリンゲン製鉄所のあとは、ルクセンブルクとフランス国境近くのパールという村のワインセラーに移動。

Img_0585

家族経営で少人数しか働いていないけど、ドイツで金賞も受賞しているワインセラー。モーゼル川沿いで生産されている白ワインやスパークリングワインが一押し。質の高いアイスワインやトロッケンベーレンアウスレーゼもある。ベッケンバウアーも訪れたことがあるらしい。

Img_0595

途中からすべて任され、いろいろな種類や年代のものを次々と試飲。ワイナリーの人がプライベート用に地下倉庫に貯蔵していたお宝ワインも出してくれた。

Img_0606

ワイナリー"Schmitt-Weber"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

全国高等専門学校サッカー選抜ドイツ遠征 3日目

高専全国選抜サッカーチームのドイツ遠征3日目。

Ford

午前中はフォードの工場を見学。将来このような職につく学生もいるかもしれない。中の製造工程は撮影禁止だったけど、車が少しずつ出来上がっていく様子を見せてもらった。

Img_0548

森を抜けてLitermont(リターモント)という丘の上まで散歩。昔、ある王様がここで鹿狩りをしていて、乗っていた馬と一緒に崖から落ちたらしい。

Img_0561

遠征2試合目は、合宿地ライムズバッハから60kmほど離れたところにあるフランスのプロクラブCSO Amneville(アンネヴィル)というクラブのU-19チーム。前日の試合の疲れもあり、さらに相手も強いということでタフな試合を予想していたけど、高専選抜が開始直後に先制点。しかし、相手も本領を発揮し始め、前半は1-2、後半は0-2でやられてしまった。

Img_0566

全国高専選抜 1-4 CSO Amneville U-19

負けたものの、ドイツ遠征初ゴールを記録することができた。また、前日行ったビルドアップのトレーニングの成果も表れはじめ、何度も得点チャンスを作ることができた。

Img_0567
<ライムズバッハ副会長のミヒャエル>

試合後は、相手チームと食事会。そして、いつものように遅くまでライムズバッハの人たちと交流会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧