2017年1月23日 (月)

ドイツ式壁ありサッカー U-17ケラミックカップ2017

冬のシーズンオフの間にドイツで行われている壁ありサッカー、Hallenfußball(ハーレンフースバル)。U-17 Keramik-Cup(ケラミックカップ)に日本から東京ヴェルディが参加した。ケラミックカップは今年で35回目、日本チームは今年で9回目の参加となる。前回は浦和レッズが参加。

Img_4284_2

ここ数年アメリカのサウスカロライナ・ユナイテッドFCも参加しており、毎年同じ宿に泊まり、大会以外の行動も一緒にしている。試合前日はフランクフルトにあるドイツサッカー協会を訪問。

Img_4267_2

サウスカロライナ・ユナイテッドからはいつも通りCEOのロンや監督のロブなどの他に、今年はシェフィールドやレスターなどでプレーしていたリー・モリスも同行。U-23のGMに就任した。

Img_4275_2

大会スポンサーの一つシュトイラーKCHの招待で東京ヴェルディとサウスカロライナ・ユナイテッドFC合同の夕食会。

Img_4285_2

去年から体育館に人工芝が敷かれ、大会が行われている。今年はドイツ国内外から14チームが参加。7チームずつ2グループに分かれ予選グループリーグが行われた。上位4チームがベスト8に進出。

これまでの日本チームの最高成績は2011年に参加した東京ヴェルディのベスト8。それ以外は東京ヴェルディ12位、ベガルタ仙台9位、尚志高校15位、浦和レッズ11位と12位など惨敗している。

Img_4290_2

ここ数年、地元でGKコーチをしているオリバーが日本チームのサポートに入ってくれている。GKのアップも手伝ってくれた。

Img_4328_2

ヴェルディは予選を3勝3敗の4位で通過し、久々のベスト8進出。

3-2 サウスカロライナ・ユナイテッドFC(アメリカ)
1-0 カールスルーアーSC
1-4 シャルケ04
2-4 1.FCケルン
1-2 1860ミュンヘン
6-2 EGCヴィルゲス

グループA:
1位 シュトゥッツガルト
2位 メンヒェングラートバッハ
3位 レヴァークーゼン
4位 ポズナン(ポーランド)
5位 1860ミュンヘン
6位 EGCヴィルゲス
7位 サウスカロライナ・ユナイテッドFC(アメリカ)

グループB:
1位 1.FCケルン
2位 カールスルーアーSC
3位 シャルケ04
4位 東京ヴェルディ
5位 TuSコブレンツ
6位 1.FCカイザースラウテルン
7位 ウォルバーハンプトン・ワンダーズ(イングランド)

Img_4326_2

これまで参加してきた日本チームは失点したりすると相手や会場の雰囲気に呑まれ、体格が勝る相手に追い込まれて1対1になって潰されたり、前掛りになってカウンターを食らったりして、自滅するパターンが多かった。今回のヴェルディは予選で負けた試合からなんとか立て直し、GKを使ってゲームを組み立てたり、ビビらずにボールを受けたりすることができるようになると、内容でも上回ることができた。

今回のベスト8は逆グループ1位のシュトゥッツガルト。お互いギリギリのところで失点を防ぎ、最後はヴェルディがPKで勝利。日本チーム初の準決勝進出。

0-0 (6 PK 5) シュトゥッツガルト

1_2

準決勝の相手は、グループリーグで4対1で負けたシャルケ。グループリーグではこちらがやるべきテンポ良いプレーやテクニックを活かしたアクションを相手が行い、いいようにやられた。

準決勝では呑まれることなくゲームを支配することができた。2対2から最後はPKで勝利。

2-2(4 PK 2) シャルケ04

3_2

この大会にはブンデスリーガや海外のプロクラブの下部組織が参加し、過去にもイブラヒモビッチ、ノイアー、ザネ、ケディラ、テア・シュテーゲン、キミッヒ、ボアテング、マリオ・ゴメス、シャキリ、ヌリ・サヒンなどなど多くのトッププレーヤーも参加し、数年後にプロデビューを果たしている。

決勝は力尽き、ポーランドのポズナンが2年連続優勝となった。

0-8 ポズナン(ポーランド)

Img_4336_2

来年も日本からケラミックカップに出場予定で、日本予選は毎年夏に行われている。

Img_4295_2

Img_4332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

ITK2015 ドイツのサッカー指導者国際会議

International Trainer-Kongress(略してITK)2015。2015年はヴォルフスブルクで行われた、ドイツのサッカー指導者向けの国際会議。

Photo_5

Dr. Jan Mayer(スポーツ心理学者)のプレゼンの引用より。

ユップ・ハインケス(元バイエルン・ミュンヘン監督)
リベリーの奏でる音楽は”バンバンバン”だ。私の好きな音楽ではないが、私はそれを聴くようにしている。異なるキャラクターを理解しようとすることも私の仕事の一つだ。

ヴィセンテ・デル・ボスケ(元スペイン代表監督)
トレーニングの構成やシステムの決定、戦術的な問題など監督のたくさん仕事はあるが、選手との意見交換に半分くらいは時間を費やしている。もしかしたらもっとかもしれない。

Photo_6





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

JFAこころのプロジェクト 夢先生(静岡)

JFA心のプロジェクト、夢先生、略して「ユメセン」。

 3回目は静岡県の小学校にお邪魔しました。夢や目標を持つこと、それに向かって努力すること、フェアプレーや助け合いなどを子供たちに伝えるミッションを受け、体育館と教室で授業に参加しました。具体的なことを考えている子もいれば、まだわからない子などそれぞれだけど、考えるキッカケになればと思います。ありがとうございました!

O0800060013673941186


O0800060013673941183

詳しくは、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

U-14東京国際ユース2016

ドイツからはベルリン選抜が出場。

Img_2877

チームによってレベルの差があるだけでなく、この年代は各選手の体格の差も大きい。

Img_2881

優勝:ボカジュニアーズ(ブエノスアイレス)
準優勝:カイロ
3位:FC東京
4位:東京都トレセン選抜
5位:ベルリン
6位:コリンチャンス(サンパウロ)
7位:東京ヴェルディ
8位:宮城県
9位:チェルタノヴォ(モスクワ)
10位:パリFC(パリ)
11位:ソウル
12位:茨城県
13位:岩手県
14位:ニューサウスウェールズ
15位:福島県
16位:八一中学(北京)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

ファーストタッチ - ボールコントロールから次のアクションへ

 ベースボール・マガジン社から、3冊目の本を出版しました。今回はテーマごとに1日のトレーニングをどのように発展させていくのか、いくつかの例を挙げました。ウォーミングアップからメインまでつながりのある練習メニューを提示しています。
Ft

序章: 
ファーストタッチ
ボールコントロールから次のアクションへ

第1章: 
ボールコントロールからパス

第2章: 
ゴール前のファーストタッチ

第3章: 
背後のディフェンダーに対するボールコントロール

第4章:
浮き球のボールコントロール

第5章:
ビルドアップ/カウンターの中のボールコントロール

Img_2728

はじめに

「テクニックはすばらしい、だけど・・・」
「とても面白いプレーをする、だけど・・・」
「日本のジュニア年代では素晴らしい選手がたくさんいる、だけど・・・」

日本の育成年代のチームと一緒にドイツに行って試合をしたあとや、ドイツの友人が日本に来て試合や練習を見たあと、ドイツの友人たちからこのような感想を耳にすることがよくあります。どの年代でもボール扱いは褒められる一方、1対1の甘さや基本的な個人戦術の欠如、状況把握や判断の悪さなどを指摘されます。

フィジカル面や戦術理解の面で比較的差が少ないジュニア年代では、ボール扱いのスキルを磨いている日本のチームが海外のチームを驚かすこともありますが、年代が上がるにつれてフィジカルやメンタル面、そして、特に戦術面の差が顕著になってくると、上述したコメントを耳にすることが多くなります。

Img_2726

 本書はテクニックにおける”ボールコントロール”がメインテーマになっていますが、ただのボール扱いのスキル向上メニューではなく、将来に向けて幅広い土台作りを構築していくために、他のテクニックや戦術的要素を含めた複合的なメニューが多数掲載されています。難易度を調整すればどのような年代やレベルにも適用できるメニューが多く、実際に、僕が現在指導している小学生チームとJリーグ昇格を目指している社会人チーム”東京23FC”で本書内の同じメニューを行うときもよくあります。コーチングポイントを変えればさまざまなテーマにも応用可能ですので、いくつかの例を参考にアイデアを発展させてみてください。僕も、自分の教えた選手たちがドイツの友人たちに前述のようなコメントを言われないように努力していきます。

Img_2731

撮影に協力してくれたフッチサッカークラブの皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«グアルディオラのポジショナルプレー特別講座 - オスカル・カノ・モレノ